建物修理&リフォームの開窓-栃木県那須塩原市-

TEL.0287-65-1118

耐震ローラー作戦に参加しました

こんにちは、

今回は、那須町の蓑沢地区を那須町の職員さん2名と一緒に

廻らせて頂きました。

今まで耐震ローラー作戦で各地訪問させ頂いていますが、築年数で

一番古かったのが築100年と聞いていましたが、今回はそれを更新しました。

明治元年に建てられて築150年とか140年経っているお宅も有りました。

 

そのようなお宅は、梁が50cm位有りそうな建物で馬小屋が有ったとお聞きしました。

布基礎ではなく、玉石の上に建物が乗っている造りです。

 

東日本大震災でも大丈夫だったのだから・・・

あのように大きく揺らされた建物だからこそ、自分たちの身を守る為の

耐震診断や耐震改修、建て替えが必要になって来ますね。

 

大切な命を守るべく市町や県、国より補助金が出ます。

対象は昭和56年5月以前に建築確認申請を取った建物です。

この時期に建築基準法が大きく改定され耐震基準が厳しくなりました。

早く言えば、無筋の布基礎から鉄筋入りの布基礎へ変更になりました。

コンクリートは堅く圧縮には強いのですが引っ張りには弱い性質が

有ります。鉄筋が弱い引っ張り部を補強します。

 

心配な方は、市町の建築指導課などへご相談下さい。

 

 


関連する記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM