建物修理&リフォームの開窓-栃木県那須塩原市-

TEL.0287-65-1118

危険な暑さ 熱中症

こんにちは、

今日は月末なので福祉用具をレンタルして頂いている利用者様の実績を

ケアマネージャーさんのいる居宅介護事業所や地域包括支援センターに

お届けに行ってきました。

 

ケアマネージャーさんの所属している居宅介護事業所でもデイサービスなど

を行っている事業所もあり梅雨明けした今一番注意していることが熱中症だそうです。

 

今年は冷夏で梅雨明けが遅く作物などの出来が心配されましたが梅雨明け宣言後

一気に気温の上昇がありました。しかし湿度の低下はあまりなく高温多湿の状態

が続いています。

家屋内でも気温が高く熱中症に罹りやすい状況が続いています。

 

建物の中に強い日差しが入り込まないように、窓の外にグリーンカーテンを

設置する。

オーニングや外部取付のブラインドなどを取り付ける。

硝子を熱線反射ガラスや熱線吸収ガラスのペア硝子にする。

熱線吸収ガラスのペアでは、冬場の冷え冷え感を解消します。

我が家では、熱線反射ガラスのペア硝子を採用していますが夏場の

午後2時前頃までは、そんなに暑くないのですがその後はだんだん室内も

暑くなり始めます。

硝子だけで無く屋根や外壁もかなり熱くなって来ていると思われます。

 

屋根屋外壁の塗装を遮熱塗装にする方法もおすすめです。

 

この暑さでは、高齢者など体力が落ちている方たちには危険です。

エアコンなどを上手に活用し大切な命を守りましょう。

 

 


関連する記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM