建物修理&リフォームの開窓-栃木県那須塩原市-

TEL.0287-65-1118

内装工事が始まりました〜天井ボード貼り〜

 新築の現場で、内装工事が始まりました

壁と屋根の断熱材が見えます。
壁・屋根断熱材.jpg
吹付け断熱で、お家をすっぽりと包み、夏の暑さや冬の寒さから住む人を守ります。

天井のボードを貼りました。
天井貼り(化粧梁).jpg
リビングは床面積も広いのですが、天井も高くし開放的になっています。
化粧梁がみえますね
4寸角の化粧柱もありますので、木のぬくもりが感じられると思います。

色は無垢のままでなく、お施主様こだわりの色に塗装します。
落ち着いた雰囲気になる予定です


担当は石川でした。

基礎工事・・・
http://kaisoh.jugem.jp/?eid=258
木工事・・・
http://kaisoh.jugem.jp/?eid=269
http://kaisoh.jugem.jp/?eid=271
屋根工事・・・
http://kaisoh.jugem.jp/?eid=282

アスファルトルーフィングによる屋根の防水&板金工事

 昨日に引き続き、屋根工事についてご紹介します。

屋根の下地材は「アスファルトルーフィング」を使用しています。
アスファルトルーフィングとは・・・板紙にアスファルトをしみこませた防水材料です。

雨水の浸入を防ぐために重要な部分ですので、しっかりと施工していきます・・・
ルーフィング重ね.jpg
すき間から雨水が浸入しないよう、重ね幅を確保しています。

ルーフィング立上がり.jpg
屋根と外壁の取合い部分も、雨水が浸入しないよう張り上げます。


アスファルトルーフィングの施工が完了したら、いよいよ仕上工事です。

住宅の屋根材にはスレート、瓦、金属板など様々あります。
今回は金属屋根を施工させて頂きますが、
さらに、金属屋根の中にもガルバリウム鋼板、銅板などがあります。
銅板は日本で古くから使用されており、お寺や神社の屋根でも見かけますが、
年数が過ぎると、「緑青(ろくしょう)」が出て緑色に変色していきます。
たまに10円玉でも、緑青がでているものがありますね

今回の新築のお家はモダンな外観ですので、
お施主様のご希望で、明るいホワイトグレーの亜鉛合金メッキ鋼板(ガルバリウム鋼板)葺きです。
板金屋根工事.jpg



担当:石川でした

屋根の下地工事

 上棟から約2週間・・・
着々と新築工事が進んでいます。

先々週、屋根の下地工事がありました。

垂木の上に野地板、その上にルーフィングを葺きます。
この「ルーフィング」が「防水」の役目を担っているので、
将来、雨漏れをしないようにしっかりと施工します。


詳しくは、また明日ご紹介したいと思います


担当は石川でした。

木工事〜建方&上棟式〜

 今日は気持ちよく晴れたので、冬の間室内にしまっていた植木を外に出しました。
暖かくなって、花壇の花だけでなく草も元気になってきました
そろそろ草むしりもやらなければ!!と思います。

さて、先日紹介した土台敷きの現場が上棟になりました
建て方中の様子です。
建て方.jpg

今日は、上棟式がありました。
準備中です!!
上棟式.JPG
まだまだ工事は始まったばかり・・・これからは高所の作業も増えるので、
安全第一で進めていきたいと思います。。。


担当:石川でした。

木工事が始まりました〜土台敷き〜

 今日は、あいにくの雨・・・
上棟式の予定でしたが、撒きもの(お餅やお菓子)が汚れてしまうということもあり、延期になりました。

先週から、新築工事の現場では木工事が始まり、いよいよ家全体のサイズがわかるようになります。

↑土台を敷いている所です。
基礎にしっかりと緊結し、柱や桁など、家の骨組みを支える要になります。
土台を敷いたら、建方〜上棟となり、屋根、外壁工事に進んでいきます。



開窓の庭に、水仙が咲きました。
開窓 水仙と芝桜2.jpg
芝桜のピンクと水仙の黄色がきれいです。

開窓 水仙と芝桜.jpg
名前が分からないのですが、青い花も咲きました


担当は石川でした。

基礎工事着工・・・鎮物の儀

 先週、新築住宅がいよいよ着工になりました。
昨年からお打ち合わせさせて頂いており、地鎮祭も先日無事行われました。

今日は、基礎コンクリートの打設をしています。
コンクリートを流し入れる前に、鎮物(しずめもの)を鎮めます。
基礎工事 鎮物.jpg
意味としては、地鎮祭と同じように、その土地の神様を鎮めるためのものです。
文字通り、家の基礎の下深くに、静かに沈める物なのだそうです。




開窓の那須塩原事務所に、クロッカスの花が咲きました。
開窓 クロッカス2.jpg
写真の上と下の方に見えるでしょうか?
花が咲くと、いっきに春らしく感じます

開窓 クロッカス1.jpg

担当:石川でした。

住宅の「瑕疵」について

 「瑕疵(かし)」・・・聞いたことありますか?

瑕疵とは・・・欠点や欠陥があることをいいます。
        住宅などの建物に関していうと、あるべき品質や性能が欠如していることです。

具体的には、構造(木やコンクリート、鉄骨)の欠陥、基礎の欠陥、雨漏りなどです
これらの欠陥が判明した場合、引渡した業者には引渡し後10年間は、これを直す責任があります。

もし万が一、この業者が倒産していたり、直す際にトラブルが発生した場合・・・・・
お客様の負担になってしまいます。。。

これを防ぐために、平成21年10月1日から「住宅瑕疵担保履行法」が施行されました。
建設業者や宅建業者に、瑕疵が見つかった場合の資力確保を義務づける法律です。

建設業者や宅建業者は住宅瑕疵担保保険に加入するか、
保証金を預けることを義務づけられています。
これにより、業者が倒産している場合やトラブルが発生した場合は、
そこから、保証金が支払われたり、トラブルについての相談・助言の保証がされることになります。


建物に「瑕疵」があることは、もちろんあってはいけないことです。
しかし、保険加入や保証金の義務ができたことで、
万が一瑕疵が発生した場合も、お客様は守られることになり、より安心かと思います。




説明が下手で、少し分かりにくかったかもしれませんが・・・
担当は石川でした。



住宅の基礎 かぶり厚さとは?

 3月に入り だいぶ暖かくなってきましたね。

那須塩原でも すぎ花粉の飛散は凄いです。というか 上から降ってくる感じです。

私が乗っている車は、黒ですが 黄色くなっています。

さて、住宅の基礎について 少し書きたいと思います。




基礎は、鉄筋コンクリートで出来ています。 

鉄筋とコンクリートの長所と短所をお互いに補っています。

鉄筋は、放置しておくと鉄なので錆びてしまいます。

コンクリートは、アルカリ性です。長い年月を掛けて 中性化に向かいます。

かぶり厚さとは鉄筋を覆っているコンクリートの厚さのことです。

コンクリートの表面から鉄筋の表面までの距離をいいます。


鉄筋コンクリートはコンクリートのアルカリ性によって鉄筋が錆びるのを防いでいます。

しかし、コンクリートが中性化したり、ひび割れなどから水分が入り込むと錆びてしまうため、

充分なかぶり厚さを確保しないと、設計通りの強度を得られません。

建築基準法施行令の第79条でかぶり厚さは規定されています。

基礎の直接土に接する部分は、6cm。基礎の立ち上がりは、4cm。

建築工事標準仕様書では、プラス1cmづづとなっています。

大切な家がのるので、地盤と共に基礎工事は、大切なのです。

 
本日は、後藤が担当しました。

 


家を建てる前の準備 〜地鎮祭〜

 今日は大安・・・ということで、「地鎮祭(じちんさい)」がありました。

「地鎮祭」とは?
土木工事や、建築工事を始める前に行う儀式です。
文字通り、その土地の神様を鎮め、工事を行うお許しを得ます。
青竹を立て祭壇を作り、お供え物(酒、水、塩、魚、野菜など)を供えます。

更地に竹が4本立っているのは、たまに見かけると思います
今日地鎮祭があったのは、先日ブログでご紹介しました地盤調査を行った土地です。
http://kaisoh.jugem.jp/?eid=241


地鎮祭には、工事の安全を祈願する意味もあります。
これから着工し、安全第一で工事を進めて行ければと思います



担当:石川でした。

家を建てる前の準備 〜地盤調査〜

 

 今回初めてブログを書かせて頂く後藤(優)です。
まだ、経験4年目の気持ちだけフレッシュマンです。よろしくどーぞ。

今日は地盤調査の立ち会いに行ってきました。

地盤調査とは構造物などを立てる際に必要な地盤の性質の把握などを目的として、
地盤を調査することです。この調査により、地盤強度などが判明し、
設計を行い構造物が施工できるようになります。

要は、家を建てるにあたってその地盤がしっかり家を支えられるかどうか、
支えられないようなら地盤改良なり地盤の補強が必要かどうかを判断するための試験です。


これはスウェーデン式サウンディング試験といい、地盤調査をするためのいくつかの試験のうちの1つです。

地盤調査.jpg


偉そうに書いていますが、現場経験が少ないぺーぺーのぺーぺーが書いていますw
すみません。

立ち会いをしていて、教科書でしか見たことのない試験に興奮しながら見ていたら、
地盤調査を行っていただいた作業員さんは親切丁寧に教えてくれました。感謝です。
大変勉強になりました。

まだデータとして出てこないとわからないのですが、
試験を見ていたかぎり問題なさそうです。一安心です。

新築工事はまだまだ始まったばかりですが、

1つ1つしっかり工事をする。

けがなく安全に工事を進めていく。


お客さまが開窓の建てた家でずっと笑顔で暮らせるように一生懸命がんばります。





カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM